本文へ

ひかり歯科通信

キシリトールってなに?

  1. キシリトールは、天然素材の甘味料です。
  2. キシリトールの甘さはお砂糖とほぼ同じです。
  3. キシリトールは炭水化物の一種です。
  4. むし歯の予防効果が認められています。
    赤ちゃんが生まれる前、もしくは生まれてすぐに、お母さんがキシリトールガムを噛む事で、子供のむし歯を防ぐ事も証明されています。キシリトールのように、むし歯予防効果がある甘味料は他にありません。
  5. キシリトールの効果は、むし歯の原因にならないだけではなく、むし歯の発生や進行を防ぐ効果があります。
  6. キシリトールは、だ液分泌の促進にもなります。
    お砂糖と同じぐらいの甘さのため、口の中に入れると味覚が刺激され、だ液の分泌が促進されます。歯の再石灰化の促進に繋がり、歯の修復や成熟を助けます。
  7. むし歯の原因になりません。
    キシリトールは、むし歯菌が代謝できないため、お口の中でまったく「酸」が作られません。さらに、酸の中和を促進する働きを持っています。
  8. ミュータンス菌の活動を弱めます。
    むし歯の原因菌である、ミュータンス菌は、キシリトールを代謝する事ができないので、酸やプラークの元を作ることができません。
  9. プラークの質の変化があります。
    ミュータンス菌の活動が弱まる事で、プラーク量が減少し、プラーク自体がサラサラになって歯の表面から、はがれやすくなります。これにより、ブラッシングの効果が上がり、ハブラシが楽になります。

キシリトールガムを選ぶには、歯科医院専売の物を選びましょう。

市販品と歯科医院専売品の違いは、甘味料にキシリトール以外の糖質が使用されているかどうかです。

  1. 歯科専売品は、甘味料にキシリトール100%を使用されており、キシリトールの効果が十分に期待できます。
  2. 歯の主成分が配合されています。再石灰化を助けます。
  3. 歯にくっつきにくいガムベースです。矯正装置や仮歯、義歯の方にも噛んで頂けます。
  4. 噛む力を鍛える事ができます。

キシリトールガムは、キシリトールが80%以上の含有量の物を選びましょう。
効果的な噛み方は、1日に5~10g摂取です。v 1日3回、2粒目安、食後や就寝前等に味がなくなっても5~15分噛む事をお勧めします。

むし歯予防には4つの基本が大切です。
1.歯磨き 2.フッ化物の応用 3.正しい食生活 4.定期健診 です。
キシリトールを効果的に活用するためにも、正しい知識と方法を知り、楽しく、美味しく、むし歯予防を習慣化してみて下さいね。

ひかり歯科クリニック 山手台院 歯科衛生士  木下純

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック