本文へ

ひかり歯科通信

歯が抜けたら対処しないといけない理由

 皆様、若し何らかの理由で歯が抜けてしまったら、または大きな被せ物やブリッジが外れてしまったら、如何されますか?

 一本くらい無くても噛めるから大丈夫、とそのままにされている方をたまにお見掛けします。

 しかし、実は間違い。
たった一本の空白が、他の全ての歯に悪影響を及ぼしてしまうかも知れないのです。

 人がご飯を食べる時に歯にかかる力は、奥歯で10-20kgと言われています。この力が歯一本一本にかかっているわけですが、歯は自身は割れない為に、歯茎の方向やお隣の歯の方向に力を流しています。歯茎もまた、歯からの圧力に耐える為に歯を押し出す力を加えています。

 これに依り、隣同士の歯はお互いに押し合って力を相殺し、歯と歯茎ともお互いに押し合って力を相殺し、口の中の歯並びは保たれているのです。

 しかし、歯が一本失われてしまうと、その歯の両隣の歯は、押し合いが出来なくなってしまいます。その結果、両隣の歯は空いた隙間の方へと倒れて行ってしまうのです。そうやってぐらぐらになった歯は、隣の歯との押し合いが出来ないので、またその隣がいずれ傾いてくるでしょう。

 視線を変えて、今度は抜けた歯の噛み合せの歯を見てみます。

 噛み合せの歯はお互いが噛み合うことで、歯茎からの押し出す力に対抗してその位置を保っています。しかし、相手が抜けてしまったことで歯茎からの力を抑えきれず、歯はどんどんと押し出され、次第に揺れてきます。そのまま放置してしまうとその歯も抜けてしまい、その両隣が倒れてくるのです。

 ですので、歯が抜けてしまったり被せ・ブリッジが外れてしまったらすぐにご来院下さい。

 両隣の歯を削って三本分の橋渡しとなるブリッジ、又は部分入れ歯の作製をご提案させて頂き、その他にもインプラント等、患者様のご希望に沿った治療を誠心誠意させて頂きます。

彩都歯科クリニック 院長 伊原勝換

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック