本文へ

ひかり歯科通信

よくある歯科医療に関する誤解について

歯医者に通うことが好きな方というのは、残念ながら少数派だと思います。その理由に、「治療期間が長い」「何度も通わされる」ことや「治した歯がまた痛くなった」というものもあると思います。では、何故そのようなことが歯医者で起こるのでしょうか?

歯科治療というのは、患者様の体が持つ治癒力を利用します。例えば、プラスチックの詰め物を入れることはすぐに出来ますし、金属や陶材の詰め物・被せ物は技工士が頑張れば早くお付けすることは可能です。しかし、歯茎の腫れを治したり歯を抜いた後の歯茎の治癒を待ったりする分には歯科医師に時間の短縮をする術はありません。また、神経の近くまで虫歯が広がっている場合は神経を安静させる薬を貼って、詰め物を入れるか神経を抜かざるを得ないかを判断するために経過を見ることもあります。ですので、どうしても歯科診療においては時間・回数をかけざるを得ないのです。どうしても回数をかけられない場合は担当の医師にお申し付けください。特に重篤な部位のみ治療する、一度に複数箇所の治療をするなどの対応をさせて頂きます。

後者については、「治す」という言葉の所為で患者様が誤解されていることが原因かと思われます。例えば、山登りをしていて脚を怪我したとしましょう。この場合は病院に行って消毒してもらい、必要があれば縫ってもらったりします。するとその内に傷は塞がり元通りに皮膚に覆われます。しかし、歯の場合はそうはいきません。歯の治療は、悪くなった部分を取り除いて人工物で補う、という手段を採ります。ですので、体の他の部位の治療と違って元通りにするという訳ではないのです。従って、また痛くなるのを避けるには、治療後の定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。

ひかり歯科クリニック 山手台院院長 北川 泰司

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック