本文へ

ひかり歯科通信

気になるインプラント治療について

 

インプラント治療という言葉を耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか?

インプラント治療をすると、歯を失ってしまった部分の機能や見た目の審美性を回復する事が出来ます。

では、インプラントの治療はどの様な流れで行うのでしょうか?

メリットやデメリットについても紹介していきます。

 

【インプラント治療とは?】

歯が無くなってしまった部分にインプラント(人工の歯の根)を埋め込み、 その上に歯冠(歯の被せ物)を作っていく治療です。

 

〈治療の流れ〉

①顎の骨に穴を開け、インプラントを埋め込んで骨に定着するのを待ちます。

 ◆定着には個人差がありますが、3か月~6か月程度時間が必要です。

②顎の骨に定着したら、アバットメント(土台になる部分)をインプラントの上につけます。

③型取りをして歯冠(歯の被せ物)を作ります。

④咬み合わせを調整します。

 ◆インプラント治療を長持ちさせるには、メンテナンスのためにクリニックに通ったり、ご自身でも毎日ケアをしっかり行う必要があります。

  

〈治療の選択肢〉

歯を失ってしまった際の選択肢として、入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントがあります。

インプラントは入れ歯やブリッジと比較してどの様なメリット、デメリットがあるのでしょうか?

 

【インプラント治療のメリット】

メリット①他の歯に負担をかけません。

ブリッジにする場合には前後の歯を削る必要があります。

また、入れ歯の場合も留め金をかける歯に負担がかかります。

 

メリット②しっかりと噛む事が出来ます。

取り外し式の入れ歯と違って安定するのでしっかりと噛む事ができます。

 

【インプラント治療のデメリット】

デメリット①外科手術が必要になります。

ブリッジ、入れ歯と違い、外科手術が必要なので、全身疾患がある方は主治医とよく相談なさってください。 

 

デメリット②治療期間が長くなります。

インプラントを埋め込んで骨に定着するまでに3か月~6か月程度時間がかかるので治療期間が長くなります。 

 

デメリット③合併症・後遺症

術後は腫脹・疼病等の合併症が生じます。

※まれに神経損傷による知覚障害が生じることもあります。

 

それぞれメリット、デメリットがあるので、どの治療がご希望に合うかいつでもお気軽にご相談ください。

ひかり歯科クリニック 山手台院 歯科医師 北川 泰司

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック