本文へ

ひかり歯科通信

歯が着色・変色する原因について

歯の黄ばみが気になったことがあるかもしれません。そのような場合、笑いたくても思いっきり笑えないと感じたことがあるのではないでしょうか。普段からきちんと歯磨きをしているつもりでも、歯が黄ばんでくるのはどうしてでしょうか。

今回は、歯の黄ばみや、変色の原因について解説していきます。

〈歯が黄ばむ原因〉

1.コーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲み物

コーヒーや赤ワインは歯が着色する原因になるというのを、聞いたことがあると思います。 飲み物の中にタンニン、カテキン、ポリフェノールなどの成分が入っていると、歯に沈着し、黄ばみや着色の原因となります。 紅茶だけでなく、ウーロン茶、また緑茶も着色の原因となります。

2.カレーなど色の強い食べ物

カレーに含まれているターメリックは歯が黄ばむ原因となります。また、ケチャップやソースなどにも合成着色料が含まれています。 それらは歯が黄ばむ原因となります。

3.神経が死んでいる

歯の内部には歯髄という神経があります。神経は歯に栄養素を送る役割をしますが、この神経が死んでしまったり、神経の治療をして取り除いてしまうと、徐々に歯が変色していきます。時が経つにつれ、黒っぽい色になります。

4.タバコ

タバコを吸う方は、歯に黒色の着色が付きます。タバコの中にはタールが含まれており、それが歯に沈着します。

5.加齢

年齢が上がるにつれて、歯は黄ばんできます。歯の表面のエナメル質の下には象牙質というものがあります。 象牙質は黄色い色をしており、年齢とともにその色は濃くなります。そして歯の表面のエナメル質が徐々にすり減って薄くなると、 歯の黄ばみが強くなります。

6.むし歯がある

むし歯になると、歯は黒っぽい色へと変色します。しかし、急性のむし歯は黄色い色をしているため、その変色に気付きにくいです。

7.薬による影響

イソジンなどのうがい薬には、ポピドンヨードが含まれており、それらが歯の着色の原因になります。またテトラサイクリン系の抗生物質を服用すると、歯が灰色に変色します。

8.遺伝性疾患

遺伝性疾患や、代謝異常によって先天的に歯が変色することがあります。例えば、先天性ポルフィリン症や先天性梅毒、過ビリルビン症、上皮小体機能亢進症などがあります。


〈食習慣、生活習慣も見直しましょう〉

歯の着色や変色には食習慣からくるものもあれば、先天性のものまで原因は様々です。 タバコをよく吸う方は出来るだけ本数を少なくしたり、吸った後に歯磨きをすると着色のつき具合が少なくなります。 また、寝る前にお茶を飲んでしまうと、寝ている間に色素が沈着しやすくなります。寝る前はお水程度にしましょう。


ひかり歯科クリニック 山手台院 院長 北川 泰司

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック