本文へ

ひかり歯科通信

入れ歯のお手入れについて

入れ歯のお手入れで困ったことはありませんか?
入れ歯は正しくお手入れができていないと、最悪の場合、カビが生えてくることもあります。今回は入れ歯を清潔に保つための、清掃方法について解説していきたいと思います。

〈入れ歯を洗うときは専用ブラシで〉

入れ歯を洗うとき、歯ブラシで磨くことが多いかもしれません。しかし、入れ歯は複雑な形をしていたり、天然の歯と比べて汚れがつきやすいため、できるだけ義歯専用のブラシを使うことが望ましいです。たいていの場合、取っ手の部分が太く磨きやすい構造になっています。

〈入れ歯の正しい磨き方〉

1.入れ歯は必ず外してから洗いましょう

ときどき、入れ歯をお口につけたまま、歯ブラシで磨く方がいらっしゃいます。しかしそれでは汚れを落とすことはできません。必ず外してから洗ってください。

2.クラスプ部分を念入りに磨く

部分入れ歯をお使いの場合、歯にかけるフックのような部分があると思います。これを“クラスプ”と言いますが、ここは汚れが一番つきやすい場所です。ほかの箇所よりも丁寧に磨くことを心がけてください。また、入れ歯と口腔内の粘膜が接する部分も、細菌が潜みやすい場所です。ヌルつきがなくなるまで、しっかりとブラシでこすりましょう。

3.入れ歯洗浄液につける

入れ歯がきれいに洗い終わってから、入れ歯洗浄液につけましょう。キレイに洗ったつもりでも、目に見えない細菌が潜み、繁殖する可能性があります。できるだけ毎晩洗浄液に浸し、清潔な状態を保ちましょう。

〈入れ歯を洗う時の注意点〉

1.歯磨き粉を使わない

歯磨き粉に中には研磨剤が入っているため、入れ歯に傷がつき、そこから細菌が繁殖してしまう原因になります。 歯磨き粉は絶対に使用しないでください。

2.熱湯は使わない

消毒のためと思い、入れ歯に熱湯をかける方が時々いらっしゃいます。しかし入れ歯が変形する原因になるので、必ず水か、ぬるま湯で入れ歯を洗いましょう。

3.ティッシュに包まない

洗った入れ歯をティッシュに包んだまま洗面台に放置すると、誤って捨ててしまうことがあります。 ご自身は覚えていても、ご家族の方が捨ててしまったケースもあります。
保険治療で製作した義歯の場合、作ってから半年は新しい入れ歯は作れないので、大切に保管しましょう。

4.乾燥させない

入れ歯を使用していないときは、できるだけ水か洗浄液の入った容器に入れ歯を保管しましょう。 乾燥させた状態で放置すると、変形の原因になりますので注意してください

〈まとめ〉

入れ歯を洗うときは、専用の義歯ブラシを使用しましょう。入れ歯を外してから、クラスプ部分、粘膜に接する部分を入念に清掃してください。終わったら、入れ歯洗浄液につけましょう。
入れ歯を洗うときは、必ず水かぬるま湯で洗い、歯磨き粉の使用は控えてください。
使用しない間は、水か洗浄液の入った容器に入れ、乾燥させないように注意しましょう。
清潔な入れ歯で美味しくご飯を食べましょう。


ひかり歯科クリニック 山手台院 院長 北川 泰司

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック