本文へ

ひかり歯科通信

唾液の働きについて

唾液は、1日に1〜1.5ℓほど分泌されます。唾液はさまざまな役割を果たしていて、唾液がなければ話すことも、食事をすることも 困難です。
今回は、唾液の果たす役割について解説していきます。
 

【唾液腺の種類】 唾液は、唾液腺と呼ばれる場所から分泌されます。唾液腺には、大唾液腺と小唾液腺に分けられます。 大唾液腺は、3つあります。

(1) 舌下腺…舌の下側に位置する唾液腺で、舌を上にあげた時にヒダが見えますが、そのあたりから分泌されます。
(2) 顎下腺…顎の後方に位置する唾液腺です。舌下腺管と融合して同じ部位より分泌されます。
(3) 耳下腺…耳の前方あたりに位置する唾液腺です。上の大臼歯の粘膜より、分泌されます。

【唾液の役割】
では、唾液にはどんな役割があるのでしょうか。

(1) 自浄作用
 唾液には、お口の中の汚れを洗い流す働きがあります。そのため唾液が少なくなると、むし歯や歯周病になりやすくなります。

(2) 抗菌・殺菌作用
 唾液の中には、ラクトフェリンや、リゾチームという抗菌物質が含まれています。  これは、お口の中で菌が増殖するのを抑える役割があります。唾液が少なくなると、細菌が繁殖しやすくなるため、  口臭がきつくなります。

(3) 消化作用
 唾液の中には、アミラーゼという消化酵素が含まれます。デンプンを分解して、消化を助けます。

(4) 緩衝作用
 私たちのお口の中は、唾液のおかげでpH6.8〜7の中性に保たれています。お口に食べ物が入ると、pH値は一気に酸性へと傾きます。
酸性に傾いたお口の中を中性に戻そうとする働き、つまり緩衝作用が唾液にはあります。
唾液の分泌が少ないと、酸性の状態が長く続き、歯は徐々に溶け出して酸蝕症や、むし歯になりやすくなります。

(5) 潤滑作用
 唾液の中には、ムチンという物質が含まれます。このムチンが潤滑油のような働きをするおかげで、お口の粘膜は潤い、  硬い食べ物が粘膜に当たっても、傷つきにくくなります。
またお口に入った食べ物が一つの塊、食塊を形成して、  嚥下(飲み込むこと)を助けてくれます。

(6) 修復作用
 唾液は、歯の再石灰化を促します。酸によって歯から溶け出したカルシウムやリンが、再び歯に戻るのを助けます。

(7) 味覚を感じる作用
 唾液が出ないと、味を感じることができません。

【まとめ】
唾液には、様々な役割があります。
唾液の分泌量が少なくなると、むし歯や歯周病になりやすくなり、口臭がきつくなります。
また会話や食事がしづらくなったり、口の中が傷つきやすくなります。
唾液は加齢とともに減少します。
普段の食事の時からよく噛むことを意識したり、唾液腺マッサージをして唾液の分泌量を 増やしていきましょう。


ひかり歯科クリニック 山手台院 院長 北川 泰司

24時間WEB予約受付
ご予約はこちら

茨木ひかり歯科クリニック 新規開院

親知らずの抜歯など口腔外科

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

訪問歯科診療

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック