本文へ

ひかり歯科通信

親知らずがもたらすトラブルについて

親知らずが腫れて痛くなった経験のある方は、多いのではないでしょうか。
厄介な親知らずを放置してしまったゆえに、さまざまなトラブルが起きることがあります。
今回は、親知らずに起きやすいトラブルについて説明していきます。

〈親知らずの生え方〉
親知らずとは、第二大臼歯のさらに後ろに生えてくる奥歯のことです。だいたい20歳前後から生え始めます。生え方は大きく分けて3つあります。

①まっすぐ生える
通常であれば、他の歯と同様に、まっすぐ上に向けて(上の歯の場合は下に向けて)生えてきます。

②斜めに生えてくる
親知らずが斜めに生えてくるパターンです。親知らずの頭の半分だけ、または少しだけ出ていることが多く、トラブルを起こしやすい生え方です。

③水平埋伏
完全に骨の中で水平に埋まっている状態です。生えてくることはありません。現代人は顎が小さく、親知らずが生えてくるスペースが限られているため、まっすぐに生えてこないケースが多いです。

〈親知らずに起こりやすいトラブル〉
親知らずに起こりやすいトラブルには、以下のものがあります。

①歯ぐきが腫れる
智歯周囲炎といいますが、親知らずが斜めに生えている場合、歯と歯ぐきの境目に食べ物のカスが入りやすくなります。その上歯ブラシが届きにくいため、汚れがずっと残ってしまいやすいです。そのため親知らずの周りの歯ぐきが腫れます。
この状態を放置していると、炎症が強くなり膿が出てきて、歯を支える周りの骨を溶かしていきます。

②むし歯になりやすい
理由は①と同じですが、親知らずの周りは汚れが溜まりやすく、歯磨きがしづらいためむし歯もできやすくなります。

③1本手前の歯にトラブルが起きる
親知らずの周りが歯周病やむし歯になりやすいということを説明しましたが、1本手前の歯も同じトラブルが起きやすいです。親知らずと手前の歯の間に汚れがたまると、そこからむし歯になりますが、むし歯は接している両面にできるため、親知らずだけでなく第二大臼歯にもできます。
また、親知らずとその手前の歯は骨を共有しています。そのため親知らずの周りが歯周病で溶かされると、手前の歯も影響を受けます。

〈歯科医師とよく相談しましょう〉
必ずしも、親知らずをすべて抜かなければならないわけではありません。
しかし、トラブルを繰り返す場合は、歯科医師から抜歯を考えるように勧められることは多いでしょう。親知らずの生え方には個人差がありますし、トラブルの症状も人それぞれです。
よく歯科医師と相談しながら、どのような治療法を選択するか決めていきましょう。

ひかり歯科クリニック 山手台院 院長 北川 泰司

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日 10:00~13:00、15:00~20:00

受付終了は30分前

休診日:日曜・祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

診療日のご案内 

ひかり歯科通信

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集

舌の痛み特設サイト

恵愛クリニック